みなさんこんにちは。


今日は朝から雨が降り、多くの方は給料前。

しかも今月は黄金週間があったんで、みなさん散財して、もう無い袖は振れませんわと。

お店番にかこつけて今日は何しようかなぁと。

そんな雨の日は入荷も無く、今日は商品紹介とは違います。

久々大好物の紹介でも。

IMG_0184


















手に入れてから20年近く経ちます。

フルオリジナルのアウトサイド・ヒンジモデル。

過去にも色々持ってましたが、とうとう最後の外ヒンジになりました。

IMG_0186



















1932年にZIPPO社が創立、1933年より独自のライターを販売してます。

その時に1500個程販売されたのが、1stと呼ばれているアウトサイドヒンジモデル。

今では世の中に2桁しか残っていないそうな・・・・・・・・

もしオファーがあってもとてもとても・・・・・・買えナイッス。


紹介のZIPPOはその次の年からに販売された1933〜35年モデルです。

1stモデルよりも少し背が低くなり、現行のZIPPOとあまり変わらないサイズになってます。

IMG_0188


















80年近く前の物ですが、修理も無く、かなり良い状態をキープしています。

あまり使用されていなかったんやと思います。

IMG_0193



















上のZIPPOは1936年モデルです。

形はスクエアやけどヒンジが内側になって、外にヒンジ無いですね。

アウトサイド・ヒンジとの違いが良くわかるでしょう?

IMG_0190



















下がアウトサイド・ヒンジの方です。

上のモデルと比べるとネジの頭が小さいですね。

小さくて扱いにくかったんですぐに頭の大きいものに変更になってます。

オイルを染み込ませる綿も茶色いですね。 

これも1936年以前モデルのみ特殊な接着剤で固めて出荷されてたらしいです。

ほんで、綿も茶色なんですね。 (買った当時は知りませんでした。)

どうでもエエ事ですが、マニアは拘るとこですね。

ここ数年は海外コレクターとの連絡も取ってないので、最近の事情には疎いんですが、このモデルも状態の良いフルオリジナルはもう出なさそうです。

今でもアンティークSHOPやフリマで、古いZIPPOがあればつい見てしまいます。

次回の買い付けでも素敵な出会いがあれば・・・・・と思ったりもしてます。

それではまた次回。


サニーサイドアップ