みなさんこんにちは。


連休最終日、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今日も秋晴れ、お買い物日和です。


今日はビンテージウオッチでも。

IMG_0108

































使い込まれたダイヤルが良い感じ。
IMG_0112


















1940’S〜50’S辺りのブローバ社。
エナメルリーフハンド(長針と短針の形が葉っぱ形の時の名前)で中3針ってのも雰囲気ありますね。

ベルトはデッドストックで、男性にはやや短め。
金具だけ外して、別の物に交換するのが良いかと思います。

IMG_0109



















ぜんまい切れやったんで、修理に。
今現在は調子良く動いています。

直径30ミリなんで、男性、女性共にOKなサイズ。
いわゆるBOYSサイズになるかと思います。


この時計のええとこ&薀蓄


画像では判りにくいですが、クロノメーターって書いてあります。

クロノメーターってなんでっか?と思われる方多いと思います。

簡単に言うと、精度の高い機械式時計にもらえる名前です。



5ポジションで約2週間計測するらしいです。

5ポジションとは、表平置き、裏平置き、竜頭上に、竜頭を下に、12時を下に垂直で。

下の画像が分りやすいでしょうか?
3



















色々な角度で計測して、なおかつ日差数秒の狂いしか許されません。

しかも8度〜38度まで、気温も変えての計測です。

よっぽどしっかり作らなあかんかったんやろうね。

各社競って認定を取ろうとしたんでしょうね。

市販品の最高グレードやったと思います。

この時計も、当時のフラッグシップやったんやないかと思います。



今でもクロノメーター時計はスイス等で作られてるらしいんですが、総生産数の僅か3%位らしいですよ。

ロレックスは殆どがクロノメーターで、ブライトリングも90年代後半には全ての時計がクロノメーターになったらしいです。

さすがといったところでしょうか。


今日紹介のブローバは、歯車なんかの機械の磨耗もあるやろから、当時の精度はでません。

今の所、日差数分といった感じでしょうか?

ビンテージウオッチとしては十分な精度やとは思うんですけどね。


ダイヤルや今の佇まいを見ると、なんや軍物っぽい感じもします。

何処で誰が使ってたんかなぁ・・・・・



次のオーナーはどなたでしょう?


エエ時計なんで、気になった方はお気軽にお問い合わせ下さいね。

ありがとうございますSOLDです。

06−6213−3208


サニーサイドアップ

服以外でこんだけ説明したん久ぶりやわーー