みなさんこんにちは。




今日はリペアから返ってきた、アンティークウオッチの紹介です。

まずはこの子から。


RIMG0303
















ローマ数字とツートンダイヤルが非常におしゃれです。

1950’Sのブローバです。

ラグの形状(ベルトを付けるとこね)も、アールデコ感満開です。


ゼンマイが切れてたのをリペアと、時間の調整をしてもらいました。

今のところ、日差+−2分といった感じ。

個人的には十分な誤差と思います。


ラグを含む長さが38ミリ、横幅25ミリです。

男女兼用の大きさですね。

珍しいダイヤルですよ〜

RIMG0304

 
















RIMG0299

















大好物の複雑時計。

オービンのカレンダーウオッチです。



めちゃくちゃエエ状態やで!ってアメリカで買い付け。

アメリカで時間を見ていると、数日はめっちゃ調子良好。

エエヤン♪と思ってました。


でも、帰国が近づくと共に、アレレレレ?な感じに。



結局オーバーホールが要りましてん(≧ヘ≦) 

まぁそのおかげで調子はバッチリ!

この子も日差+−1〜2分程度です。

OHしてもらってるんで、この子には保障が付きますよ〜

ありがとうございますSOLDです!!

RIMG0297
 















古い時計に詳しくない方に軽く説明。

小さな小窓は、右が月で左が曜日。
赤い矢印の付いた針が指しているのは日付け。

なので、画像では7月1日火曜日、10時11分。ってな感じです。



小さな時計に色んな歯車が収まって、とても複雑な情報を知らせてくれます。
大きさは直径30ミリ程で、男女兼用の大きさで、カジュアルにもドレスにも。

60年ほど前の時計ですが、まだまだ現役選手でございます。

いかがでしょうか?


RIMG0308 




















この子もラグが特徴的な逸品でしたが、SOLDになりました。

ありがとうございました!
RIMG0301 
















ご質問があればお気軽に!

06−6213−3208まで。

それでは〜


サニーサイドアップ