みなさんこんにちは。


寒い日が毎日続いてますが、お加減いかがでしょうか?


僕は風邪をひきそうでひかない。
ギリギリ踏ん張ってるって感じです。

今日は久々にワッペンの紹介。

在庫の殆どが1970〜1980年代 のデッドストックなんですが、
今日のはミントインパック。

RIMG1106

1970年代で1ドル。

結構それなりの値段してるでしょ。

当時のレートは1ドル360円。

輸入して販売してたら結構なお値段やったんでしょうね。

RIMG1107

ミントインパックなんで、完全な未使用です。

全て税込み600円です。

RIMG1108




ミントインBOX パック  未使用でオリジナルの箱にや袋に入っている物。
                古着ではデッド箱付きやフラッシャー付きって感じ。
                未使用。 未洗い。 

ニアミント (極上)   極上のコンディション。 文句の付けようの無い状態。
               デニムの数回ウオッシュ 試着程度?

ミント +&− (極上に近い)  二アミントとエクセレントの間。
                古着の世界ではまだあまり使わない表現かも。
                時計やライター等では良く使われています。

エクセレント  (優秀)   ユーズドとして良好なコンディション。


ベリーグッド  (良好)   ちょっとした傷はあるものの、
                 全体の状態が良い物。


グッド     (並 普通) ユーズドとして普通。
                多くは悪い状態。 服では雰囲気系がこの辺りか?

プアー     ボロい物 オモチャや時計ではオブジェかパーツ取り用。

         スカジャンのZIP取り用を探して長いことなります。
         どっか無いかな?


元々西洋アンティークの世界で使われてるコンディションの指標。
オモチャや時計、ライターなんかでも使われます。

海外ビンテージディーラーもよく使います。


でもこの指標ってやつ、お店や個人の感覚でだいぶ変わったりもします。

あくまでも目安ってかんじですよね。


アンティークって表現も、100年以上の前の物ってのが通説のようですが、
時計なんかでは1970年以前の物を指したり、ジュエリーだと1920年代以前だったりすることも。

古着はアンティークとは言わずビンテージって言うけど、それもジャンルによって年代が
バラバラですよね。

個人的な感覚では1970’S以前の服がビンテージって感じ。

Tシャツとスニーカーは1980’S以前がそんな感じ。
これもお店によって表現にはバラつきがあったりします。


スエットの70年代は殆どがコットン/ポリ。
殆どのお店がレギュラー扱い・・・・・・ですよね。

でも、チャンピオンの単色TAGのリバースはビンテージ。

同じジャンルでも色々あります。

そんなのを考えながら古着屋巡りするのも一興やないかと。



最後に幸福の神様 ビリケンさん。

これを貼ってみんなでハッピー!!

600円で幸せになれるかも?
RIMG1105

ご質問があればお気軽に!

お電話06−6213−3208、もしくは、

 sunnysideup323@gmail.com まで。

それでは〜


サニーサイドアップ