時計&ライター

フリーメイソン ウオッチ ヴァンテージ投入

みなさんこんにちは。


先日紹介したメタルベルト。

順調に旅立ってます。
まだまだあるんでお問い合わせ下さいね〜 


今日はメタルベルトにしても良さげなビンテージウオッチを。




1960年代ヴァンテージ。


ハミルトンウオッチカンパニーのセカンドラインや子会社と言われてますよね。




比較的コンディションは良い方で、

小さな擦れキズはありますが、キレイな方だと思います。



フリーメイソンの文字盤が圧倒的なオーラを放ってますよ〜



オーバーホール暦は不明ですが、しっかり動いています。


今のところ24時間平置きで計って2分程の進みなので、

個人的にはビンテージとして問題ない誤差だと思います。



フリーメイソンウオッチの殆どが、メンバーに配られた物と聞いてます。

普通の文字盤の時計に比べると、圧倒的に少ないですもんね。


オーバーホールメンテナンスをしていないので、このお値段。


この機械(機会)にいかがでしょうか?

ありがとうございますSOLDです。


RIMG0011

ご質問があればお気軽に!

お電話06−6213−3208、もしくは、

 sunnysideup323@gmail.com まで。

それでは〜


サニーサイドアップ

 

Wyler vintage watch

みなさんこんにちは。



今日の紹介は、今回買い付けてきたこの子。

1800年代後半からある老舗メーカー、ワイラー社の物。



1950年代のスクエア中三針タイプ。

この時代の角型で、スモールセコンドタイプではないのは数少ないですね。

個人的には大好きなフォルム。



全体的なコンディションは上々。

ステンレスバックに金メッキ。



このワイラー社。

日本では認知度が低いかも知れませんが、独創的な耐震装置を持ってます。

それがこの時計にも採用されてる、インカフレックス。

1940年代に特許を取ってるみたいです。

もっともっと評価されても良い会社だと思います。



当時のこの時計の広告。

ワイラー社が力を入れたモデルやったんですよ。
reclama_wyler_1947_W2

10日ほど稼動させてみて、平置きで日差平均+2分ほど。

古い手巻き時計としては十分と思います。

オーバーホール暦は不明ですが、今のところ問題なく動いています。

ややリューズを巻くのが硬いくらいです。


ありがとうございますSOLDです。


メンテナンスをしていない分お安くといった感じです。

出てこないタイプでしかもワイラー社。

いかがでしょうか?
RIMG0001

  ご質問があればお気軽に!

お電話06−6213−3208、もしくは、

 sunnysideup323@gmail.com まで。

それでは〜


サニーサイドアップ

BULOVA アールデコ リストウオッチ

みなさんこんにちは。



久々に時計の紹介なんぞを。

DSC00117

1940年代

ブローバーリストウオッチ。

DSC00119

10K張りで、ボール&リブラグ(ベルト取り付け部分)が素敵です。

オーバーホール済み。

DSC00120

ボールからボールまでの縦の長さが約38mm。

男女兼用でもいけるサイズ。


今現在、平置き24時間で1-2分程度の進み。


十分実用的かと思います。

お値段39000円にTAX。

いかがでしょうか?

うーーーーん美しい。
DSC00118




以前にも紹介した、インガソルがオーバーホールから帰還。

今現在24時間平置きで2-3分の進みです。

DSC00116

WW1 British Rfc Pilots wrist watch.

ようするに、第一次大戦イギリス空軍のパイロット腕時計やったってことです。

詳しくは インガソルウオッチ を参照して下さい。


こんな時代の腕時計です。すごいね〜
RFC_aircraft_with_aerial_reconnaissance_camera

ご質問があればお気軽に!

お電話06−6213−3208、もしくは、

 sunnysideup323@gmail.com まで。

それでは〜


サニーサイドアップ



明日は定休日です〜

ZIPPO パート2 

みなさんこんにちは。

昨日の続きで今日もライターです。

RIMG0154 























サインの入った1949-1951モデル

RIMG0155 






















ガタツキも少なく、普段使いに十分なOLD.

インサートが1953年〜に変ってます。

着火は良好。

税込み7000円で。

PAT2032モデルがこの値段なら・・・・・・・・・・・・・・

RIMG0156 

























RIMG0166






















ミリタリーのメタル貼り。

貴重なエアボーンです。

3バレルで、1947-1949年辺り。

朝鮮戦争直前といったところでしょうか?

RIMG0165
 





















蓋はガタツキ大。

開閉に問題は無く、着火は良好です。

インサートも同時代でオリジナル。

RIMG0170 
























RIMG0169


 



















釘?で書いたような名前がリアルです。

乱暴な使い方は論外ですが、実使用には耐えるレベルです。

税込み10000円で。

RIMG0167 
























RIMG0161























1971年おうし座。

スリムモデルです。

RIMG0163























RIMG0162






















インサートも問題なく、着火OK。

40年ほど前のモデルです。

税込み3000円で。

RIMG0164 
























 
ラストは正確にはZIPPO社のモデルではありません。


RIMG0171






















1940-1960’S辺りに作られていたシルバーのケース。

中身がZIPPOであったり無かったりします。

日本の風景を描いてる感じの彫りが多いです。

過去に七福神なんかも持ってたことがあります。

RIMG0172 






















ケースはスターリング。

結構分厚い作りです。

RIMG0173


 



















ヒンジの雰囲気やケースの形状から、1940’SのZIPPOに極似です。

RIMG0174 






















中身のZIPPOは1953年〜が入ってます。

もちろん着火良好。

このモデルにありがちな(ケースの銀が薄いため)蓋のガタツキもありません。

お値段税込み15000円です。

シルバー独特のクスミが良い感じです。

RIMG0175











 










告知通り、明日19日から8月22日まで、夏季休暇いただきます。

ご質問があればお気軽に!

 sunnysideup323@gmail.com まで。

それでは〜


サニーサイドアップ


 

本日出しの時計   モバード トリプルカレンダー

みなさんおはようございます。


今日も遠慮なしに暑い大阪 

準備完了です。


そして時計コーナーからもニューフェイスの登場。

RIMG0697
















あまり聞かないブランドですが、


1930’S創業のスイスのサルトナ。

いいクロノグラフを作ったりもしてます。

RIMG0698

 














この子は1960’S

耐衝撃、耐磁力、防水、17石の優れもの。

ですが、今となっては同じこと。 非防水と同じ扱いをして下さいね。

RIMG0699
















使い込まれた感じが良いですね。

良い意味での経年変化です。

RIMG0701 
















31ミリ位の大きさ。

少し小振りで扱いやすいですね。

今のところ24時間で1−2分の誤差です。

OH暦は不明です。

OHもまだしなくて大丈夫な感じですが、時期的なものははっきりとは分かりません。


税込み19000円で、現状での販売になります。


ブラックフェイスに赤の秒針が良いですよ。

RIMG0700 



















お次はモバード。

この時計、20代の頃に憧れまくってました・・・・・・・・

私の中で、トリプルカレンダーと言えばモバードって位の感じでして、
当時は無垢のモバードなんて、若造には手が届きませんでしたよ。

もちろん今でも大好きな時計です。

特に今回の子は数の少ない黒文字盤。

そして、アールデコなサイドにラグ。

うーーーん ええわ〜

大きさは約32ミリ。

今のところ全ての動作は順調です。

24時間で2分程度の誤差。

アメリカでのOH暦は不明です。


この子も現状で販売。

税込み98000円です。

ありがとうございますHOLDです。

しばらく売れんかったら連れて帰ります。

RIMG0705 
















OHして、保障を付けての販売も可です。(追加で約12000−約20000円)



ご質問があればお気軽に!

お電話06−6213−3208、もしくは、

 sunnysideup323@gmail.com まで。

それでは〜


サニーサイドアップ

ミリタリーウオッチ

みなさんこんにちは。


梅雨入りしてしまった大阪。

湿気が多くて、いやぁな天気ですね。





平均1-2分程度の誤差で、今のところ大変優秀です。

ありがとうございますHOLDです。


RIMG0218 





















上下ともHOLDになりました。




RIMG0223 




































ご質問があればお気軽に!

お電話06−6213−3208、もしくは、

 sunnysideup323@gmail.com まで。

それでは〜


サニーサイドアップ 

GLYCINE グリシンビンテージウオッチ。

みなさんこんにちは。



今日は連休最終日。

今回の連休はお天気に恵まれ、雨が降りませんでしたね。


今日もとってもいいお天気です。

お時間あれば遊びにきて下さいね〜



久々の時計の紹介。

ミリタリーウオッチで有名な、グリシンです。

RIMG0516




















そこそこ状態の良いのが入って来ました。

RIMG0512



















1914年創業のスイスメーカーです。

来年100周年を迎える老舗ですね。

エアーマンが有名でしょうか。



第二次世界大戦にはドイツの陸軍に納入してたりもしてます。

この子もそれっぽいんですけどね。

裏蓋にはドイツ語が。

民間かな〜 ミリタリーっぽいけどな〜


RIMG0514




















リューズを含まずに、直径が32mmほどです。

良い感じのメンズサイズ。


RIMG0513




















文字盤も比較的キレイです。

ブランドロゴ&レイルウエイの目盛りのカスレ具合も良いですね。


長針と短針は交換されてるかも知れません。

今はリーフ型ですが、オリジナルはペンシル型ではなかったかな?

オリジナルかもしれませんが、どちらにしても違和感無いですけどね。

RIMG0517

 

















軽く調整してあります。


24時間で平均2分程の遅れ。

十分に実用範囲です。(だと思います)

70年ほど前の時計なので、時間の誤差も含めて愛してやって下さい。


お値段税込み35000円です。



黒文字盤の素敵な子はいかがでしょうか?


RIMG0526

































ご質問があればお気軽に!

お電話06−6213−3208、もしくは、

 sunnysideup323@gmail.com まで。

それでは〜


サニーサイドアップ

金ピカジャンク  ポケットウオッチの巻

みなさんこんにちは。


暖かくなったり寒くなったり。 

もうすぐ春って感じです。





今日はとってもキレイなダイヤルのポケットウオッチの紹介です。


RIMG1063















月と星が中央に。

めちゃくちゃファンシーパターンです。


1880’S〜。

100年以上前の懐中時計です。


この時代のは凄く細かい作りになってます。


RIMG1052




 











中の装飾も素敵です。

6ポジション・アジャスタなんで、当時は精度の良い時計やったんでしょうね。

いかにも高級時計って感じです。

RIMG1053 

















古い懐中時計なんで、剣引きタイプになります。

この子は、普通みたいにリュ−ズを引いて時間を合わせる事が出来ません。


どうするかって言うと、


スクリュー型の蓋をクルクルっと回して外します。

針が出て無防備な状態に。

RIMG1059 

















いかにも、ここに何かありまっせ!ってな感じの箇所が。

爪で引っ掛けてね〜ってとこあるでしょ。

RIMG1061

















これをグイーーーーーっと出すんですね。

そして時刻合わせをするんですね。

少しメンドクサイですけど。

RIMG1062
 
















ボディは金張り。

18Kとかやったら良かったんですけどね・・・・・

RIMG1051 


















手に入れてから随分経ちました。 15年以上前にはなりますかね。

当時は多分動いてたと記憶してます。 

んが、動かしてみるとこれまた動かない・・・・・・・・・・・・・・(;´Д`)

これまた、よーーーーーーーーーある話で(゚∀゚)アヒャヒャ



それならばと、OHに出しました。

ちゃんと動くようにしてもらいました。


ただし平置きの条件で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!




テンプの状態がよろしくないらしく、懐中本来の使い方をするとちゃんと動きません。

鎖を付けてぶら下げて使うと、少し遅れたり止まったりします。


困った事に?机の上に置いといたら数分の狂いで動き続きます。

RIMG1065
















時間とお金をかけると直るらしいですが、

今回はジャンク扱いで出そうかと。




時間は携帯で見るから(あかんがな)この子は
遅れてもエエわい!って方に。

もしくは根性で直す方にも。



お値段税込み15000円で。



100年ほど前の服と合わせてコスプレ用にもエエよ〜





RIMG1066


 


























ご質問があればお気軽に!

お電話06−6213−3208、もしくは、

 sunnysideup323@gmail.com まで。

それでは〜


サニーサイドアップ
 

ロンソン ヴァラフレーム コンプリートセット

みなさんこんにちは。


今日は久々にライターの紹介なんぞを。

RIMG0359
















ロンソン・ヴァラフレームです。

あまりにも有名なモデルでしょうかね?

ロンソンと言えば、バンジョーかこれ?って位ですよね。


1960年代、ワンアクションのガスライター。

未使用に近いコンディションです。

目だった打痕もありません。

RIMG0360

















着火テストもクリア。

しっかり点きますよ。
RIMG0358







 









ボロイですが、箱や紙物が全て揃っています。

ギャランティ、説明書等々。

これが地味に貴重なんですよ。

こんだけ揃ってるのもそうは出てこないかと。

RIMG0355 
















普段使いにはもってこいなヴァラフレームです。

お勧めです。


いかがでしょうか?

RIMG0361 

















ご質問があればお気軽に!

06−6213−3208、
もしくはsunnysideup323@gmail.comまで。

それでは〜


サニーサイドアップ 

アンティーク・インガ-ソル

みなさんこんにちは。



昨日は沢山のご来店、ありがとうございました。

少しの入荷やったにのに、ほんまおおきにでした。


入荷分で紹介してないのも沢山ありますが、
今日はこの子を


1900’S-1910’S 古ーーーーーーーいリストウオッチ。

インガーソルは、1892年創立の歴史あるアメリカンブランドです。

1930’Sにミッキーの時計を作ったことでも有名な会社ですね。

RIMG0861




















夜光塗料も残った、比較的キレイなインデックス。

ボディはスチール&ニッケルでしょうか?


当時の1$ウオッチやと思います。


1900年初頭の広告です。

当時、時計を1$で販売することで有名やったんですね。
ingersollad



















大きなボディ、黒の文字盤、ミリタリーパイロットウオッチな感じです。

リューズも、懐中時計からの移行期によく見られるパターン。

ベルトもかなり古いのが付いていますね。

50年以上前の物っぽいんですが、不思議なことに朽ちていません。

取付金具も相当古い物ではないかと思います。


とあるアンティーク屋さんで、OH済みと言うことで買い付けたこの子。

半信半疑やったんですが、かなり良い音してたんで日本にもって帰ることに。



しばらく様子を見てたんですが、時間がかなりバラバラ。

もとから、そんなにキッチリ時間が出るとは思ってなかったんですが、
24時間で1時間以上遅れたりしたらやっぱ困ります・・・・・・・・よね?

そうかと思えば次の日は5分しか狂わんかったり。
結構不安定やったんで、リペアに出しました。


プロの見立てでは、中の機械はキレイとのこと。
アメリカでのOHは嘘では無いと思う・・・とのお答え。

ひげゼンマイの長さの調整で、
ある程度良好になるってことやったんで預かってもらうことに。


そして手元に帰ってきて、やっと店頭に出せるように。


今は表向きで日差+10分 リューズを下にして日差+3分の
とこまでにしてもらうことが出来ました(10日間計っての平均)

なんでも、古いんで機械が磨り減ってるとこがあり、
これ以上の精度を出すのは難しいとのこと。(パーツを別作したら別やろけどね)

この年代の1$ウオッチがこの精度なら、個人的には満足です。
動いてることが珍しいレベルではないかと・・・・・・

もちろん超高級時計がこの精度ならダメやけどね・・・・・・・・・・・


時計はキッチリ合わなあかん!って方にはちと不向きです。

少々時間が合わんでも雰囲気で!って、大らかな方いかがでしょうか?

かなりカッコよろしいです。

ありがとうございますSOLDです。

RIMG0900


















アンティークの世界では、製造されて100年以上をアンティーク、
100年未満をビンテージと言うそうです。

時計の世界では1960年代以前はアンティークと呼ぶことが多いです。

でも、この子はほんまのアンティークかも知れませんね。



ご質問があればお気軽に!

06−6213−3208まで。

それでは〜


サニーサイドアップ


 

銀色

みなさんこんにちは。



今日はPCを買いに電気屋さんへ。

昔と違って、高性能がお安いです。いやほんま・・・・・・

3年保障も付けたんやけど、どうでしょうかね〜

今回のマックも3年保障が切れて半年して壊れたからねぇ(ノд・。) 

明日は車検代の支払いが・・・・・・・・きっついな〜




そんな今日は可愛いこの子を紹介。

RIMG0019



















うちでは唯一のレディス。

1940’Sアールデコスタイルです。


RIMG0021


 
















装飾の美しいグリュエンですね。

上下の飾り部分の4個ダイヤモンド?(ジルコンやろね・・・きっと)も無くなっていません。

RIMG0022 



















10K張りなんで、メッキと違って、落ち着いた感じがなんとなくします。

RIMG0023 


















OH暦は不明ですが、今の所日差+2分程度で動いています。

比較的程度の良いレディスです。


お値段はレディスならでは。




9800円にTAXで10290円です。






保障は無いけど、この値段ならどうでしょうか?

アンティーク好きの女子様!可愛いですよん!!

RIMG0025 






















RIMG0028


















ステンレスボディの素敵な子

1960’Sのウォルサム。

RIMG0030


















程度良しのメンズサイズ。

うちでは珍しく自動巻きです。


RIMG0032



















スモセコもエエンですが、センターセコンドもカッコよろしいな。

特に赤のハンドは萌えポイントです・・・・・・・・・・・・


この子も程度&動き良いです。

24時間で1分位の誤差でしょうか?

10日間ほど様子みましたが、大きく狂っていません。





お値段25000円にTAXで26250円です。




アンティークウオッチ入門にも最適な時計やないかな?と思います。

RIMG0029




















ご質問があればお気軽に!

06−6213−3208まで。

それでは〜


サニーサイドアップ 

今日開いてますよ〜

みなさんこんにちは。



今日は水曜日やけど、買い付け前&夏休み明けってことで、
お店開けてます。

告知不足?それともやっぱ水曜日は・・・・・・・・・

ごっつのんびり店番してます。 



そんな今日はこんな子紹介。 

RIMG0370























1958年発売 国産初のアラーム付き時計。

当時からシチズンはユニークな時計を作ってたけど、
これも斬新やったでしょうねえ。

この子はファーストタイプで、しかも珍しいツートン。


右に付いてる2個のリューズ。

下が通常のゼンマイ&時刻合わせ用。

上がアラームを鳴らすためのリューズ。

赤い三角マークを動かして、鳴らす時間を調整。

今は12時位置にマークがあるんで、12時になると
蝉のような音で知らせてくれます。ジジジジ・・・・・・・

音もめっちゃノスタルジックなんですよ。

RIMG0366

















JAPANの文字が、なんとなく誇らしげで素敵です。



RIMG0368
 















シルバーメッキが剥げて、ブラス部分が出てる箇所もありますが、
かなり良い雰囲気です。

時間も今の所、日差1-2分程度です。

50年以上前の時計にしては上出来な感じです。


外国物に負けへんで!って心意気が感じられるシチズン時計。

元々私物として買った子です。どなたか、いかがでしょうか?


RIMG0363 

















ご質問があればお気軽に!

06−6213−3208まで。

それでは〜


サニーサイドアップ 

リペア上がってきました。

6


















みなさんこんにちは。







またまたリペアの済んだ時計を持ってきました。

今回も1950’Sらしい、アールデコスタイルの時計です。

ブランドはロードエルジン。

エルジンの高級ラインになります。

アメリカの兄ちゃん達の、当時の憧れやったわけですね。

RIMG0375 


















このサイドのカーブや装飾も、ロードエルジンならでは。

風防の盛り上がりと共に、エエナァ〜なとこです。

RIMG0373 


















エクステンションのベルトも当時物のオリジナル(多分)です。

しっかりしたエエのん付いてますよ〜
RIMG0376 


















分解掃除にゼンマイ交換、テンプ調整等、状態良く上がってきています。

日差もあまりありませんし、ゼンマイを最後まで巻くと、30時間以上動きます。


日常十分使える時計です。 ほんま調子エエですよ。

休み明けに店頭に並べます。
RIMG0372
 

















ご質問があればお気軽に!

ただ今休み中なんで、メールの返信は火曜日以降になります。


8月24日 (金曜日)〜8月27日 (月曜日) 夏休み

8月28日 (火曜日)〜8月31日 (金曜日) 営業します。


8月29日 (水曜日)は営業します。

いつもは水曜日が定休日やから、お店に来れないっ


て方のご来店、お待ちしていますよ!



それでは〜


サニーサイドアップ 

夢のコラボ

みなさんこんにちは。



今日辺り仕事の方も多いんかな?と思ってました。

日本橋のオタクロードに用事があって行ったんですが、
すごい人やったんで、休みの人も多いんやなって。


そのわりにはショウザンは???
みんな仕事なんやろか〜 んなアホナ・・・・・・・ねぇ。



今日は20年程コレクションしてた、こんな子の紹介です。


1950−1960年代。

数日動かして様子見てますが、ボチボチ調子良いです。

24時間で2−3分の誤差ってとこです。

長いことオーバーホールしてないんで、
いずれしなければならいかと。



この子は時計だけや無いんです。

アールデコ風な仕上げがしてある、ポケットライター。

ライターに時計を合わせるという夢のコラボ。



火を点ける道具としても、時を計る道具としても、
どちらもこなす、ユーティリティプレイヤーです。


太古の昔からの必要なツールです。
RIMG0276



















ライターも色んなブランドありますが、時計付きのライターを作っていた所は、
そう多くはありません。

ダンヒルの時計付きライターは、復刻も出てて有名ですよね。


さすがにダンヒルの銀無垢やエナメルのウオッチライターとは、
次元の違う物ですが、なんとも言えないチープな雰囲気をワタクシは愛していました。


限られた予算で見栄えに拘り、そして出来上がったポケットライターなんやと思います。


出来栄えに納得の日本製。

1950-60年代の高度成長期の日本の心意気ってなもんでしょうか。

ワタクシの長い間の放置プレイによって、フリント(発火石)が詰まっていました。

簡単に言うと使用不能ヽ(TдT)ノ


家から持ってきて、全てばらしてメンテナンスしました。

一回スプリングがどっかに飛んでいって、やっちまったか・・・・な時も。

次の日に見つかってヤレヤレ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


どたばたしながらなんとか組みあがりました。

なので、今や一発着火!!

どうです?エエ感じに点いてるでしょう


時計はスイス製なんで、ライター部分だけ作って輸出してたんでしょうかね?

とにもかくにも里帰りです。


当時から特別高い物でもないんですが、手に入れたときは嬉しかったですよ。

末永く可愛がってもらえる「あなた」にお勧めします。


ありがとうございますSOLDです。

RIMG0275 
















ご質問があればお気軽に!

06−6213−3208まで。

それでは〜


サニーサイドアップ 

Scripto VU-Lighter  

みなさんこんにちは。




今日は薀蓄も含めて、ライターの紹介なんぞを。


紹介するのはこちら。

RIMG0339

















1950-1960’Sのビューライター。

日本では認知度低いこの子達ですが、アメリカではコアなコレクターさん多しです。



オイルを入れるところを透明にして、中が見えるようにしてます。

そこに色物やら透明やらのプラスチックの板を入れたんですね。


RIMG0340

















本来オイルを入れるタンクを透明にして、そしてそこにアド(広告)を
入れてもらう発想。

当時(1950’S)ライターをノベルティに使うのは、ZIPPOを含めて色々なメーカーがやってました。


それらの多くはライターの外側に、エッチングなりプリントなりでやってたわけです。


このビューライターを作ったスクリプト社さんは、元々筆記具用品屋さん。

んで、こんな発想になったのかも知れないですね。


「よそが外に広告載せてるんやったら、うちは中に載せたろやんけ!」と、
言ったとか言わなかったとか・・・・・・・・・・・・

こうしてライターの中に柄やら物やら、広告を入れるライターが出来たわけですね。

広告だけや無く、サイコロが2個入ってたり、毛ばりが入ってたりってのも見た事ありませんか?

1955年にファーストモデルが出て、1977年まで生産されたみたいです。

22年の間に、何万種類って作られたんでしょうね。



そらコレクターもほっときませんわね・・・・・・・・・・・・・






面白いことに、1975年に東海から100円ガスライター「チルチル・ミチル」ってのが発売されてます。

使い捨てライターの代名詞にもなったりしました。 

40代以降の方ならよーーーーくご存知でしょうかね?僕もほんま長いことお世話になりました。

日本人ってそれまでは、マッチかそれなりのライターを皆さん使ってたんですよね。



その東海の使い捨てライターに、このスクリプト社が関わってるんですね。

そして、1984年には東海がスクリプト社を買収してます。


50年代にアメリカでライター作ってた会社が、
70年代に日本のガスライターを作るって考えてもみなかったやろうなぁ。




1950’Sブリキのケース。
こんなんに入って売ってたんですよ。お洒落ですよね。

70’Sには紙製のBOXになっていきます。

RIMG0348


















広告の入ったライター、やや厚めのアクリルを通してみる図柄がなかなか美しい。

しかもオイルを入れると、これまた雰囲気が変るんですわ。



水族館の魚君みたいな感じ??

作る前から狙ってたんやろか?

こんな感じ(分かりにくい??)

RIMG0341


















たまにデッドストックなんかも見つかります。

使うのもったいない? いやいや、ガンガン使ってくださいな。
RIMG0342




 












かなり大雑把ですが、初期と後期の見分け方なんぞも。

RIMG0343
















オイル入れる時にはずすネジ。 

ここが菱形のギザギザなら後期タイプ ↑



下の画像のように縦のギザギザなら前期タイプ ↓

あくまでも大雑把ですけどね。

RIMG0344

















キャップを開けて、右側のように丸いパイプが付いてなかったら、
後期タイプです。


アメリカでは、50’Sと60’Sで値段の違う業者がいてたりしますが、
日本ではあまり変らないかと思います。

基本的に中の柄ですよね。

ハワイのフラガールのおねえちゃん柄やら、サーフィン柄、
ヌード物や有名企業物などがお高いです。
RIMG0347

 














そんなこんなでVUライター。

最近追加したんで、少し増えました。

今なら、6800円〜13000円あたりで10個ほどあります。

よかったら店頭まで・・・・・・・・・・・・・・

RIMG0368












 















ご質問があればお気軽に!

06−6213−3208まで。

それでは〜


サニーサイドアップ

サニーサイドアップ
アメリカ村で古着店を営んで28年目です。
入荷情報はもちろん、色々な事を書いていきたいと思います。
一応毎日更新が目標です。

大阪市中央区西心斎橋2-13-13
ショウザンビル105
サニーサイドアップ
06-6213-3208
営業時間 13時〜20時
毎水曜日 買い付け時お休み
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
記事検索
livedoor 天気
  • ライブドアブログ